杉並台保育園
杉並台保育園  >  日記  >  交通安全教室

日記

カレンダー



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
分類選択
以前の記事
キーワード検索

交通安全教室

2017年6月8日(木)
横断歩道を渡るときは

 

 ひかり・ほし・つき組で、交通安全教室に参加しました。

 幼稚園リズム室にて、大津警察署の方から交通安全についてお話しして頂きましたが、スクリーンの映像で分かりやすく、時には楽しく学ぶことができました。その後、ほし・つき組は横断歩道の渡り方を実際に行い、『みぎ・ひだり・みぎ』や『手をあげる』ことなど、一つひとつ確認することができました。それぞれに自分なりに「危ない」「危なくない」行動について考えながら話を聞いていました。

 《命を守るためのルール》としての交通ルールには、横断歩道や信号機、歩道などがあります。他にも、身の回りには、安全に関するルールが沢山あります。大人が常に子どもの行動を監視しておくことは難しいものです。安全に関して、その意味や内容を子ども達一人ひとりが理解し、考えて行動できるよう、「“危ない”こととはどんなことか」子ども達と考え、日頃から話していくことが大切だと思います。

 

スクリーンを使って交通安全とは?横断歩道を渡ってみましょう
子ども達が間で答えながら、集中して聞いていました。一つひとつ丁寧で、とても分かりやすいお話しでした。これからは、みんなが小さいお友だちに教えてあげることができますね!